キャリア

会社を辞めたいと思ったら取るべき行動

投稿日:

Igor LinkによるPixabayからの画像

どうもヒトリベです。
20代前半で異業界に転職した経験から持論を述べる「転職のススメ」シリーズ
会社を辞めたいと思うことは誰しもありますが、その時に「やめたい!」「もう嫌だ!」と感情的に思うのは勿体ないことです。
そんな時に考えるべきポイントをお伝えします。

会社を辞めたいと思ったら取るべき行動

  1. 辞めたいと思った理由を書き出す。
  2. 転職エージェントに相談する。
  3. この会社で働くことが全てではないと考える。

1.辞めたいと思った理由を書き出す。

辞めたいと思った理由、嫌だったこと、辛かったこと、後悔したこと、嬉しかったこと等、何でも思ったことを書き出して下さい。
書き出すことで気持ちが整理され、感情的な思いが軽減されます。
客観的に見直すことで、自分の仕事に対する姿勢が分かるのです。
その上で、「現在の職場ではやっていけないか」「自分が改善できる点はもう無いか」「仕事に求めるものは何か」と次のステップに考えを進めていきましょう。

2. 転職エージェントに相談する

辞めたい思った理由を書きだしても整理がつかない。やはり、現在の職場ではやっていけない。こう思ったら、すぐに転職エージェントに相談してください。転職エージェントは、あなたのプロファイリングから希望調査、客観的なアドバイス、転職先の紹介をしてくれます。
早い段階で第三者の意見を聞くことで、より客観的な考えを持って、自分のキャリアプランを考えることが出来ます。
私も入社数か月で悩み転職エージェントに相談し、その結果3年間は粘ってみると決めました。そして、その3年後に同じエージェントに相談して転職しました。結局転職したのですが、入社数か月で転職を無謀に決断していれば後悔していたと断言できます。
大切なことは、一人で考えないことです。エージェントには個人情報も明かすことになるので多少の不安があるという方は、まずは家族や信頼できる友人に相談してください。ただし、同じ会社の社員に相談するのは極力避けて下さい。後々面倒になります。

3. この会社で働くことが全てではないと考える。

この激動の世界情勢の中、あなたが今働いている会社は5年後、10年後に確実に存続していますか?
あなたが、もし今、心身ボロボロな状態なら、今すぐにでも会社を休職してください。会社は今のあなたをある程度は守ってくれますが、将来のあなたを守ってはくれません。将来に残せる唯一確実なものは、お金でも、ステータスでもなく、健康な体です。
精神的、身体的な理由で会社を辞めたいと思ったときは、無理せずに病院に行き、会社を休んでください。
「この会社で働かなければならない」といういまだ日本に蔓延る旧労働システム的な考え方は、時代遅れです。その考えが適していた時代もあり、否定はしませんが、今の時代には不要です。
様々な働き方、考え方があり、世界はもっと広くて自由です。
あなたの世界を、小さい「会社」という中だけで考えないで下さい。
今の職場から離れるのは逃げでもなく、根性がないでもなく、一つの正しい選択肢です。自信をもって離れる決断をしてください。
ただし、感情的にならないということに留意してください。

まとめ

会社を辞めたいと思ったら

  1. 辞めたいと思った理由を書き出す。
  2. 転職エージェントに相談する。
  3. この会社で働くことが全てではないと考える。

大切なことは、感情的にならず、第三者の意見を取り入れて、柔軟に選択肢を考えることです。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

-キャリア

Copyright© 春は短し旅せよ20代 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.